スポーツクラブ メガロス

美しく、強く。 Beautifully, Strongly

メガロス 感動作文集 2019

●掲載作品中のプログラム名、施設名などは、統一した表記に変更させていただいた部分があります。 ●「※」印が付いている作文のタイトルは、無題の作品に対して編集部がつけさせていただいたものです。

  • 第2回
  • 第1回
  • 前の作品へ

第2回大賞ノミネート作品

「メガロスさんと私」

メガロス 草加店
ペンネーム M.T 様

 早いものですね、二十五周年記念日を迎え元気でいられる事に感激です。最初から会員としてお世話になっている今日までの事を、振り返って見たいと思います。
 身体を動かす事の好きな私は、気に入ったスポーツクラブがやっと草加にも出来たと喜んだものです。初めの頃はアコスホールにて、クリスマスパーティがあり、冬には北海道でのスキーツアーがあったり、楽しい催しが色々企画され参加するのが楽しみでした。
 人生百才時代と云われる今日、八十二才になった自分にも驚いていますが、私流にむきにならず、いい意味での「いい加減さ」が必要ではないかと思い行動して居ります。近頃の社会でも起きている色々の事態などについても、あまり騒ぎ過ぎずに冷静に、大らかな気持ちになれないものかと思う事も多々あります。
 入会当時の仲間には写真クラブ、ハーレーバイク、テニス、ゴルフ等、趣味多いお友達が大勢居りました。二十六年間の歳月を振り返り、主人初めあの人もこの人も、亡き人になってしまいましたが、きっと今頃は、思い出話で楽しんでいる事と思います。
 お一人様の私ですが時間がある限り体力作りに励んで居ります。メガロスさんにお世話になったお陰様で、草加市長寿支援課の依頼を受け、体操クラブ(にこにこ体操クラブ)を立ち上げ、指導者として四十人近くの会員で週四回活動して居ります。又現在老人施設等で、歌、踊り、ダンス、三味線、手品等で、メガロスさんのお友達にも応援頂き、ボランティアとして活動できている事が一番の喜びでもあります。
 皆さんに感謝の気持ちで。

  • 前の作品へ
ページトップへ